前菜・スープ

山西老陳酢で作る涼拌三絲のレシピを紹介!千切りにした食材と調味料を和えるだけで簡単に作れます!

この記事のまとめ

中国料理の前菜の代表的なメニュー「涼拌三絲(リャンバンサンスー)」のレシピをご紹介。

涼拌三絲とは、千切りにしたいくつかの食材(三絲)を、お酢を加えた合わせ調味料で和えた冷菜(涼拌)のことです。

涼拌三絲に用いられる食材はさまざまですが、今回のレシピでは、春雨、きゅうり、ロースハム、きくらげで作っていきたいと思います。

さらに今回は、中国四大名酢のひとつ、山西老陳酢を使った合わせ調味料で仕上げていますので、日本の酢の物とはまた違った独特な風味を味わえます。

中国料理に興味のある方は、ぜひ一度お試しください。

見習い忍者

食卓にもう一品追加したいとき、手軽にちゃちゃっと作れる涼拌三絲はいかがですか?

忍者

千切りにした野菜を合わせ調味料で和えるだけなので、とても簡単に作れますよっ!

山西老陳酢を使った涼拌三絲の作り方

材料

必要な食材 (人前)

  1. ロースハム : 40g
  2. 春雨 : 40g
  3. きくらげ : 3g
  4. きゅうり : 1本

必要な調味料

  1. 山西老陳酢 : 大さじ3杯
  2. 醤油 : 大さじ1杯
  3. 砂糖 : 大さじ1杯
  4. ラー油 : 小さじ1杯
  5. ごま油 : 小さじ1杯
  6. 塩 : 少々

調理工程

用意した食材の下準備

  1. きくらげをぬるま湯につけてもどす。
  2. きゅうり、ロースハム、きくらげを千切りにする。
  3. 春雨を湯がいてもどし、ザルに移して水で冷やす。
  4. 湯がいた春雨を5cmほどの長さに切る。
  5. 全ての調味料類、山西老陳酢、醤油、砂糖、ラー油、ごま油、塩を混ぜ合わせておく。

調理工程

  1. 千切りにした全ての食材をボールに入れる。
  2. 準備した合わせ調味料を加える。
  3. 食材に調味料を絡ませるようにしっかりと和える。
  4. 小鉢に盛り付けて、できあがり。

実際に作っている様子

手鍋で春雨を湯がいている写真

まず、春雨を湯がいてもどします。

茹で時間は3~4分ほど。

茹で終えたら、春雨をザルに移して、水で冷やします。

そのあと、ザルから取り出して、食べやすい長さにカットしましょう。

器に入れた乾燥きくらげをぬるま湯でもどしている写真

そして、春雨をもどしている間に、きくらげも準備。

しばらくぬるま湯につけてもどしたら、千切りにします。

きゅうり、ロースハムも同じように千切りにしましょう。

千切りにしたきゅうり、ロースハム、きくらげと、湯がいた春雨をボールに移した写真

全ての食材の準備ができたら、ボールを用意。

全ての食材をボールに加えます。

そこに、山西老陳酢、醤油、砂糖、ごま油、ラー油、塩で作った合わせ調味料を投入。

調味料を加えたら、食材に絡ませるようにしながら、和えていきます。

湯がいた春雨と、千切りにしたハム、きゅうり、きくらげをボールに入れた写真。山西老陳酢を加えた合わせ調味料で味付けをして、涼拌三絲を仕上げている。

食材と調味料を和えたら、涼拌三絲のできあがりです。

小鉢に盛り付けて、いただきましょう。

見習い忍者

めっちゃ簡単に作れましたっ!

涼拌三絲の出来上がり!

小鉢に盛り付けて撮影した涼拌三絲の写真
忍者

はいっ! 中国黒酢を使った涼拌三絲のできあがりっ! 食べてみいっ!

見習い忍者

うんっ! 春雨美味しいっ! きゅうりもシャキシャキでイイ感じっ!

見習い忍者

酸味も効いてて、めっちゃさっぱり食べられますっ!

忍者

中国黒酢って独特な味がするから、もしかしたら苦手な方もいらっしゃるかもしれません。中国黒酢が苦手な方は、日本のメーカーのお酢を使って作ってみて下さいねっ!

まとめ

以上、今回は山西老陳酢を使った涼拌三絲のレシピをご紹介しました。

涼拌三絲とは、千切りにしたいくつかの食材(三絲)を、お酢を加えた合わせ調味料で和えた冷菜(涼拌)のこと。

作るのが難しそうなイメージがあるかもしれませんが、実はとても簡単に作れる料理なんです。

涼拌三絲の作り方

  1. 春雨を湯がいて、食べやすい大きさにカット。
  2. きゅうり、ハム、きくらげを千切りにする。
  3. 全ての食材をボールに入れて、お酢、醤油、砂糖、ごま油、ラー油、塩で作った合わせ調味料で和える。

涼拌三絲を作るのに必要な調理工程は、たったこれだけ。

手軽に作れるヘルシーな料理なので、食卓にもう一品加えたいときにおすすめです。

見習い忍者

この記事は以上になります!

忍者

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!